世界自然遺産 張家界武陵源旅行 観光専門サイト 日本旅行会社の皆様へ + AboutUs + よくある質問 + SiteMap
張家界観光・張家界旅行 世界自然遺産武陵源 Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!
Googleブックマークに登録 Google
Livedoorブックマークに登録 livedoor
お気に入りに追加IExplorer
マイツアー | 張家界の写真 | 張家界今日の天気 | 中国旅行お役に立つ情報 | ホテルの利用ガイド | ガイド、専用車チャーター | 張家界列車チケット
     張家界観光案内
   張家界観光案内
   張家界地図
   張家界ツアー
   張家界ホテル予約
   中国武陵源の概況
   武陵源地図
   武陵源ツアー
   武陵源ホテル予約
   張家界の天気 武陵源気候
   張家界の写真
   張家界の少数民族
 
 土家族(トゥチャ族)
 苗族(ミャオ族)
 白族(バイ族)
 トン族
   張家界の名物・お土産
   葛粉
   岩茸
   杜仲茶介
   湘繍
   酒鬼酒
   湖南キウイ・フルーツ
   湘蓮
   洞庭湖の真珠
   銅官の陶器
   瀏陽の金柑
   望城の切り紙
     張家界観光スポット
 王村「芙蓉鎮」
 黄絲橋古城
 南方長城
 鳳凰古城
 岳麓書院
more>>
現在の場 現在の場所: ホームページ >> 張家界観光案内 >>  張家界の少数民族

張家界の少数民族

中国の少数民族について

土家族(トゥチャ族)
張家界の土家族(トゥチャ族)
トゥチャ族は長い歴史をもつ民族で、その祖先は早くも2000年前から今の湖南省西部、湖北省西部一帯で生活し、その他の少数民族のように「武陵蛮」、「五渓蛮」と軽蔑されていた。宋代以後「土丁」、「土民」、「土兵」などと呼ばれた。漢民族の人たち多数移住してきてからは、「トゥチャ」が民族の称呼として現れた。トゥチャ族の人たちは自分たちのことを「ビツカ」と称し、「地元の人」という意味である。


苗族(ミャオ族)

張家界の苗族(バイ族)苗族は中国の「少数民族」の一つ。日本では「ミャオ族」と表記される場合が多い。
主要な居住地域は貴州省だが、雲南省、湖南省、四川省、重慶市、広西チワン族自治区、湖北省、海南省など、広い地域に居住地がある。また、タイ、ミャンマー、ラオス、ベトナムなどにもミャオ族の居住地域がある。2000年に実施された中国全国人口調査によると、中国全土のミャオ族の人口は894万0116人。
ミャオ族は4000年ほど前までは、黄河流域から長江流域にかけての広い地域に居住していたと考えられている。中国では、黄帝と蚩尤が中原地帯の支配権を巡って戦ったという伝説があるが、ミャオ族には蚩尤を祖先として崇拝する考え方がある。


白族(バイ族)

張家界の白族(ミャオ族)白族は主に雲南省大理白族自治州に居住しています。人口は159.48万人、雲南省には134万がいる。80%以上は大理ペー族自治州に居住しているぺー族はぺー族の言語を使用し、この言語は漢・チベット語系、チベット・ミャンマー語派、イ族語分支に属し、南部、中部、北部の3つの地区の方言がある。白族の祖先は新石器時代から石器を使い自ら農業、漁業、狩猟を行って生活しており、とても発達した文明を築き上げました。


トン族

トン族トン族は中国の古代百越の一派から生まれ、秦・漢の時代に「駱越」と呼ばれ、魏・晋以降は「僚」と称し、トン族は僚の一部分であった。古代の文献では歴史上トン族を「洞人」、「畆人」、「洞蛮」などと呼び、自分たちは「甘」と称していた。宋の時代に「懍伶」と音訳し、明の時代以降は「畆僚」、「畆蛮」、「畆苗」と称し、あるいは「苗」と誤って称された。新中国成立後、トン族と呼ばれることになった。
会社概況 | ご予約の流れ | ご旅行条件書 | お問い合わせ | 支払い案内 | よくある質問 | お客様へのアンケート | プライバシーの考え方
張家界観光 | 張家界旅行 | 中国武陵源 | 張家界地図 | 張家界写真 | 張家界ツアー | 武陵源ツアー | 武陵源壁紙
張家界のツアー・ホテル・航空券予約 湖南・張家界旅行の専門サイト〜魅力張家界
TEL: +86-13574166085 FAX: 86-731-82237447
E-mail:15284660@qq.com
無断複写 転載を禁止